【米焼酎のレモンサワーとよく合う】目黒にある「そま莉」で馬肉を超・堪能してきた!

高タンパク低脂質と、滋養強壮に優れていると人気の「馬刺し」。
九州以外のスーパーではほとんど目にしないことから、日常生活ではあまり食べる機会は少ないですよね。

お恥ずかしながら筆者は今まで1度も馬肉というものを食べたことがありませんでした。

熊本県出身でもなく、ただスーパーに陳列されている特売品の馬刺しを食べてきたような人生だったのです。

しかし、今回訪れた目黒に位置する馬刺料理と季節の割烹店「そま莉」で、人生初の馬肉と「上質な料理」を堪能してきました!

コロナ禍でなかなか複数人で飲みに行くことが難しい情勢ですが、会社の接待や大切な人のおもてなしに是非使用して頂きたいお店です。

今回はそんな高級感あふれるお店「そま莉」で、レモンサワーと共に味わってきたメニューをご紹介したいと思います。
「今度、商談相手と会食をしたいけれど、お店どこにしよう」なんて考えている方、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

タワーのように盛られたネギが特徴の看板商品の絶品・馬しゃぶ

今までお高い料理を食べたことがほとんどない大学生の筆者にとっては、もうこの馬肉を見ているだけでもドキドキが止まりません。
向かって左側が肩ロース、右側が霜降り肉になっています。ネギが非常に綺麗に盛られていてこれにも感銘を受けてしまいました。

本格米焼酎「白岳」を使ったレモンサワー

馬しゃぶのお供は、そま莉でも人気のアルコールでもあるレモンサワーをお願いしました。
こちらのレモンサワーは、熊本の焼酎の定番・米焼酎の人気ブランド白岳をベースに、生レモンを使ったレモンサワー。

そま莉の女将さんは、もともとレモンサワーが大好きだそうで、おいしいレモンサワーを追求したところ地元のお酒にたどり着いたのだか。

最近では乾杯の代わりに「とりあえずレモンサワー」が若い人中心に多いとのこと。「やっぱり生レモンを使うと高級感があるのか、お客さんが喜んでくれます」と語る女将さん。

料理だけでなくレモンサワーへのこだわりも感じられ、レモンサワー研究所編集部としてはとても嬉しい言葉を聞けました。

ちなみに白岳の新商品「白岳KAORU」を使ったレモンサワーについてのレビューもしていますので、宜しければ合わせてご覧ください。

馬刺しとしてそのまま食べられるトロトロの馬肉

馬しゃぶの馬肉は生で馬刺しとしても食べてもOK。なので煮るのは数秒だけ。
ぐつぐつと煮えるお鍋の中で少しだけつゆに浸して、さっそく頂いてみます。

目黒の馬刺しのお店「そま莉」の馬しゃぶ

「柔らかくてふわふわ!うわっ口の中でとろける!今まで食べたことない味だ……!」

というのが、初めて馬肉を食べた筆者の正直な感想です。タレにつけて食べ、レモンサワーを飲みながら。こんなに贅沢なひとときがあるでしょうか。自粛に次ぐ自粛ムードで滅入っていた心にも火が点き、食べ勧める箸が止まりませんでした。馬肉は煮込みすぎると硬くなり逆に美味しくなくなってしまうそうなので、食べるときは煮過ぎないように注意です。

そま莉で提供されているお肉はとても新鮮で、一口で食べやすいものでした。脂っぽさもなくジューシーで、カウンターの客席からも「美味しい~!」という声が聞こえてきていました。

そま莉の馬しゃぶは全国発送可

この絶品の馬しゃぶは、そま莉のオンラインショップより購入可能。
全国でトロトロの絶品馬しゃぶを堪能できるのです。

自宅での贅沢なディナーにはもちろん、大切な人へのギフトとしても喜ばれているそうです。

そま莉オンラインショップはこちら

しっとりした口触り・ぴりっとした辛さが程良い辛子蓮根!

熊本県の代表的な郷土料理の1つ・辛子蓮根(からしれんこん)。
蓮根の穴に辛子味噌を入れるだけというシンプルな料理ながらも、ピリッとした旨辛さが特徴です。

お恥ずかしながら、筆者はそま莉に来るまで辛子蓮根という料理を知りませんでした。なのでこれが初めての体験にもなったわけですが、食感が見た目通りしっとりしていて、蓮根のシャキシャキした感じと辛子味噌のねっとり感が程良いバランスでした。

醤油をつけて頂いたり、軽く炙ったり天ぷらにしたりして食べるのも美味しいのだそうですが、そのままでも十分に味は堪能できます。辛子が入っているとはいえ、この辛子蓮根の辛味はそれほど強くなく、とても食べやすい印象です。筆者は辛いものがあまり得意ではないのですが、これはモグモグ食べ進められました。

辛子蓮根自体は主菜としてだけではなくおつまみにもよく使われるので、レモンサワーだけでなくビールや日本酒にもよく合うでしょう。「いつもおつまみは揚げ物だけになってしまう!」とマンネリを感じている方、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

看板メニューの1つ。シメには桜肉のカレーを

シメに頂いたのがこちら。馬肉を贅沢に使ったカレーライスです。
なかなかシメでカレー、というのも珍しいような気がしますが、そま莉では最後に食べる人もかなり多いのだそう。

馬肉がプリプリで、噛んだ瞬間に口の中にとろけます。辛さと甘さが程良いバランスで、どんな人にとってもクセのない味でした。
写真で見て頂いても分かるように、本当にお肉が多くて美味しいです。小さめの丼サイズで、これを食べたところで丁度お腹いっぱいになるな、というボリューム。このカレーは馬刺しと同じくらい看板メニューにもなっているそうなので、訪れた際には是非注文してみてください。

目黒でおもてなしをするなら、是非そま莉で

熊本県の郷土料理に優れたそま莉は、日常ではなかなか味わえない高級感を堪能できるお店でした。
目黒駅から徒歩2分とアクセスも抜群。会社の接待や大切なひとのおもてなしなど、特別な日で使いたいお店です。

これからもレモンサワー研究所編集部では名店探訪は続きます。次回の更新をぜひお楽しみに。

取材協力/馬刺料理と季節の割烹「そま莉」
取材日/2021年4月上旬