レモンサワーの基本の作り方 〜レモンサワー辞典vol.1〜

レモンサワーの作り方

皆さんは、レモンサワーを飲む時どのようなシチュエーションが多いですか?

おそらく居酒屋やバーなどのお店で飲む、自宅で缶チューハイを飲む、という方がほとんどではないでしょうか。

しかし、レモンサワーは自宅でも、手軽に自作できることができる飲み物です。

帰宅後に絶品のレモンサワーを好きなだけ楽しむもよし、仲間を集めてわいわいレモンサワー飲み会をするもよし、コスパもよく、味も自分の好みに調整できると、いいことづくめです。

今回はレモンサワーの基本的な作り方を紹介します。

レモンサワーのレシピ(材料と作り方)

レモンサワーの材料は、

レモン(シロップ、果汁、果実等)
焼酎
ソーダ(炭酸水)

の3つです。自宅でお酒を作って飲むことがない場合、この「焼酎」としてどんなお酒を使っていいのかわからない、という方もいるのではないでしょうか。



焼酎には甲類と乙類があります。レモンサワーに使う焼酎は甲類です。無色透明で、クセがなく、何にでも合うのが甲類焼酎の魅力。お茶割りや、サワー系に使用されるのは、甲類の焼酎です。

一方乙類は、米焼酎、麦焼酎、しそ焼酎といった素材の香りや味わいがしっかり楽しめるお酒ですので、ロックや水割り、ソーダ割り等で、そのままの風味を楽しむのがオススメです。

レモンサワーに使う甲類の焼酎は、商品名でいうと、「宝焼酎」「キンミヤ」「JINRO」などです。最近はスーパーなどでよりお手頃なプライベートブランドのものもありますよ。

作り方は、氷を入れたグラスに、1/3ほどの甲類焼酎を加え、炭酸水で割り、レモン(シロップ、果汁、果実等)を加えるだけ。誰でも簡単に自宅でレモンサワーが作れます。

レモンサワーを自宅で手軽に自作するには?

居酒屋でもおなじみ!シロップを使ったレモンサワー

レモンサワーの作り方として、一番メジャーなのがシロップを使ったものです。

焼酎をソーダで割って、シロップを加えれば、いつもお店で飲んでいるレモンサワーがお家でお手頃に楽しめますよ。

また、レモンシロップとソーダが一緒になった、レモンサワー専用の割材も販売されています。

すっきりドライに!レモン果汁を使った甘くないレモンサワー

スーパーやコンビニで並ぶ缶チューハイのレモンサワーは甘いものが多いですよね。すっきりとドライな飲み心地で、食事にも合う甘くないレモンサワーをお求めの方には特に、自分で作るレモンサワーがおすすめです。

甘くないレモンサワーの作り方は、焼酎をソーダで割った後に、レモン果汁(ポッカレモン等)を加えます。甘くない、レモン果汁が爽やかなレモンサワーが作れます。甘くしたい場合はガムシロップ等を使ってもOK。

レモン果汁はお料理にも使えるので、自宅にあっても使い回しが効きます。より手頃に気軽に、本格レモンサワーが楽しめるアイテムです。

フレッシュな美味しさ!生搾りレモンサワー

よく洗ったレモンをそのまま絞って、皮ごと入れれば、贅沢な生搾りレモンサワーに。

スライスしたレモンを入れれば、写真にも映えますよ。宅飲みや女子会も盛り上がること間違いなし。

先に紹介したシロップや、果汁のレモンサワーとレモンの果実を一緒に使うのもおすすめ。やはり、果実が入ると一気に贅沢な仕上がりになりますね。

ソーダで割るだけ!手軽なレモンサワー用リキュール

お酒とレモンシロップが一緒になった、「レモンサワーの素」という商品も発売されています。これなら、ソーダで割るだけでさらに簡単にレモンサワーを作ることができます。甲類の焼酎を買ってもほとんど飲まないし…、という方は、レモンサワーに特化したこうしたお酒を使うのがいいかもしれませんね。

自宅で作るレモンサワーはコスパが最強

レモンサワーを自宅で作ると、居酒屋や缶チューハイよりお得に楽しめます。

例えば、

甲類焼酎25% 1.8L  (約1000円)
レモンシロップ 500ml  (約400円)
炭酸水 500ml (約80円)

の材料を使用した場合、300mlで約96円!

(焼酎75ml=約41円 レモンシロップ30ml=約24円 炭酸水195ml=約31円として計算)

お得なレモンサワーを、自宅でたっぷりと好きなだけ楽しめますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

他にも、自家製シロップや漬け込みレモンなど、自宅で作るレモンサワーはこだわり始めると奥深いものです。

今回は、最も基本的なレモンサワーの作り方をご紹介いたしました。自分好みの甘さ、濃さ、で作れるレモンサワーは絶品です。缶チューハイ以外買ったことがないという方も、ぜひ気軽に挑戦してみてくださいね。