【ハイボール超えなるか?】サントリー「レモンサワーの素」ヒットの要因を考える

日経トレンディと日経クロストレンドが発表した「2019年ヒット商品ベスト30」12位に、サントリー「こだわり酒場のレモンサワー」が選ばれました。

炭酸水で割るだけの「素」の人気にとどまらず、缶の売り上げも800万ケースの大ヒット。

居酒屋でも同名ブランドのレモンサワーが急拡大。2020年はレモンサワーが一気にブレイクする予感です。

 

今回は2019年のレモンサワー人気をけん引した、サントリー「こだわり酒場のレモンサワー」 についてご紹介します。

レモンサワーはハイボールの人気に続けるか

「オジサンの飲み物」というイメージがついていたハイボールを、乾杯の定番ドリンクへと大出世させたサントリー。そんなサントリーが次なる狙いを定めたのは「レモンサワー」

 

ハイボール成功の仕掛けと同じ手法を取って、レモンサワー市場を急速に拡大しています。

「こだわり酒場のレモンサワー」の商品形態は3つ。

 

・家で作るレモンサワーの素

・すぐに飲めるレモンサワー缶

・お店で提供する業務用コンク

 

これは、角瓶の拡大手法と同じです。しかし、ウイスキーと比べて「銘柄」という概念が圧倒的に弱いレモンサワー市場。缶チューハイにはブランドがありますが、居酒屋で「レモンサワー」といえばグラスに注がれたものが出てくるだけ。メーカーごとの特徴もわかりません。

そこに「こだわり酒場のレモンサワー」という統一ブランドが現れたことは、レモンサワー界の革命でした。お家でも、お店でも同一ブランドのレモンサワーが飲めるというのは新鮮です。認知度も高まります。家で作る、缶で飲む、店で飲む。この三位一体の戦略こそ、サントリーがレモンサワー市場を盛り上げるために仕掛けた最強の布陣なのです。

 

レモンサワーの素はレモンサワーを身近にした

 

居酒屋では定番のレモンサワー。しかし自宅で作るとなると、焼酎と炭酸とレモン3つの材料が必要になります。水や炭酸で割ればすぐ飲める焼酎やウィスキーとは違い、「そのひと手間」でレモンサワーは家で作る選択肢から外されてきました。

しかしレモンサワーの素はレモン入りのリキュールなので、炭酸で割るだけですぐに飲める家飲みに「レモンサワー」の居場所を新たに確立したといっても過言ではないのです。

オリジナルタンブラーでアピール

サントリーが仕掛けたハイボールの人気拡大には、「ジョッキ」が大きく貢献しました。角瓶をモチーフにしたジョッキは、居酒屋でも目を引きます。「あの人が飲んでるのはなんだろう?」という周囲の客の興味から、注文も増える。さらに飲んでいる人が多くなればなるほど、「流行」が目に見える。そうして若者にとって縁遠かったハイボールは、今や乾杯の定番になりました。

View this post on Instagram

はいさーーーーーいッッ⸜((˙꒳​˙ ))⸝ #芋んちゅ原店 ですッ!!??✈? * * 当店では日曜日から木曜日までお得な日替わり曜日イベントを開催してます?!! * 日曜日の今日は#レモンサワー の日?❣️ * #レモンサワー がどれだけ飲んでも通常380円がなんと1杯199円(税別)??? お値段変わりません?? * それに#芋んちゅの#レモンサワー は#梅沢富美男 さんのCMでお馴染みの #こだわり酒場のレモンサワー なんで凄く美味しいんです?? キンキン冷え冷えの#専用タンブラー でお出ししてます?‍♀️ * 明日は月曜日。#芋んちゅ原店 で元気に呑んで、また明日から元気に頑張りましょう️?✨ * 本日も、ご来店お待ちしております??? * #九州料理 #沖縄料理 #居酒屋##いもんちゅ #芋んちゅ#芋んちゅ原店 #レモンサワー#こだわり酒場のレモンサワー#梅沢富美男#オリオンビール#キンキン#冷え冷え#専用タンブラー#馬刺し#宴会#名古屋市営地下鉄 #名古屋市営地下鉄鶴舞線 #原#原駅#原駅すぐ #原駅近く#駐車場あり#大型宴会大歓迎

A post shared by 九州・沖縄料理 芋んちゅ 原店 (@imo_hara8255) on

「こだわり酒場のレモンサワー」もその戦略を踏襲しています。大きなロゴの入ったオリジナルのアルミタンブラー。キンキンに冷えているのが伝わって、「ゴクリ」と喉が鳴ります。隣のテーブルに運ばれてきたら、思わず頼んでしまいそう。宣伝効果は抜群。

このタンブラー飲食店での提供だけでなく、おまけとしてプレゼントしていた時期もあったようです。アルミタンブラーで飲めば、おうちでの一杯もさらにおいしくなりそう。

現在は「メルカリ」などのフリマアプリで入手することが可能です。

 

2020年はレモンサワー元年になるか

サントリーがハイボールに続き狙いを定めてきたレモンサワー市場。他のメーカーも、レモンサワー市場へ熱いまなざしを送っています。

寶酒造が開催している「レモンサワーフェスティバル」も今年で3回目。

さらに、コカ・コーラが初のアルコール飲料への参入を果たした「檸檬堂」シリーズはこの秋全国展開に。

2020年は市場争いもさらに激しくなりそう。

乾杯の定番がレモンサワーになる日はすぐそこまで来ているのかもしれません。